東洋医学を愛する鍼灸師のblog🌸

鍼灸師、1児の母。東洋医学をベースに心のあり方や健康・美容法など綴っています✨

胃薬を飲むより大切な事

食欲不振や食べ過ぎ、

ストレスからの胃痛など

何となく胃の調子が悪い時、

胃薬を飲む方が多いと思います。

 

しかし、その症状が慢性化

している人ならどうでしょう?

 

薬の効果が現れないので、

服用回数が増えますね。

 

しかし、お身体はとっても優秀なので

薬に対する免疫がついて

どんどん強い薬を飲まなければ

効果が出なくなってしまいます。

 

慢性的にそれを続けると、

自然治癒力は弱くなって、

常に胃の状態は悪く、

もう薬を服用しないと良くならない、

もしくは悪くなる身体になっていきます。

 

とっても悪循環ですね。

 

しかし、胃薬を飲む事よりも

良く効くお薬があります。

 

★食べ物を徹底的に噛み砕くこと。

これをするだけで、胃や腸は必要以上に

頑張らなくても消化・吸収がしやすくなるので

効率良く食べ物から栄養を得る事が出来ます。

 

★冷えた物を身体に取り入れないこと。

胃が1番動きやすいと言われるのが38度です。

冷たい物を取ると、胃が収縮し

食べ物を受け付けられなくなります。

身体に適する温度の食べ物を

摂ると、胃は活発に動き、

良質な唾液が出る事で

消化吸収が上手くいきます。

 

この温かい飲食を摂ることが日常化

すると、冷たい物を身体が

受け付けなくなってきます。

 

私は、飲み物を常温に変えた事で

冷たい飲み物をとる事が出来なくなりました。

お腹が冷えて、下る事がありますし、

内臓が冷える事で脚が火照り

眠れなくなります。

 

 

それでも、夏のビールだけは

辞められないんですけどね。笑

 

少しの努力で、身体は変化します!

少しの積み重ねが本当に大切です😊

 

薬に頼らない、自然な治療を

みなさんも試してみてはいかがでしょうか✨