読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東洋医学を愛する鍼灸師のblog🌸

鍼灸師、1児の母。東洋医学をベースに心のあり方や健康・美容法など綴っています✨

ニキビ・肌荒れの原因

『お肌は内臓の鏡』です。

お肌の状態が優れないからと

高価な化粧品を使用したり、

お肌だけにアプローチするような

エステに行っても効果が感じられない

のであれば『五臓六腑の状態』が

優れていないと思って下さい。

 

私には息子がいるのですが、

お肌がとっても綺麗。

子供は何もしてなくても

ツルツルの卵肌ですね。

 

それが大人になり、年齢を

重ねるにつれ、老化が始まり

日々の生活習慣や疲労のせいで

トラブルが増えていきます。

 

大人は子供よりも、自然治癒力

高いので、トラブルが現れても

改善するのも早い!

それこそ、表面だけに薬を

塗ったら、次の日には

ツルツルの卵肌に元通り✨

 

 

しかし、大人はそんな上手い事いきません。笑

大人は余計な物を食べたり、

ストレス社会で生きているからか笑

自然治癒力が低い方が多いです。

 

なので、改善するのに時間がかかります。

 

 

子供のようなツルツル卵肌に

生まれ変わる事は難しいかもしれない。

だけど、年相応な美しい肌は

五臓六腑』を整えてあげる事で

取り戻す事は可能です。

 

東洋医学的に五臓六腑での

五臓は→脾臓

六腑は→胃

五志では思です。

思とは、『憂いや、思いわずらい』

つまり、思い悩みや考え過ぎは

胃や脾、腸などの消化器官が病みますよ。

という意味です。

 

例えばストレスを感じると胃痛になる

のも、この関係性からです。

   

 

 

ニキビや肌荒れが、しやすい人の特徴

として『熱』が関係しています。

 

胃に負担がかかると

胃に『熱』を発生させます。

すると脾臓の消化・吸収が上手く働かなく

この熱が腸に流れ込み、吸収し、

老廃物が加わることによって

血液中の異物を増やして

身体の熱が集まりやすい上半身へ

血液によって皮膚に運ばれます。

 

最終的にお顔の症状となってお肌を荒らすのです。

 

(老廃物とは分解・処理出来なかった

糖質や脂質の事です。)

 

熱が集まって、毛穴から一気に開花

したのが『ニキビ・肌荒れ』の正体です。

 

 

ストレスを抱えている時は

胃や脾臓に負担がかかって、

消化不良を起こしやすいです。

 

そんな時はお菓子や脂っこいもの、

暴飲暴食を控える事。

 

そして、血液の分解・処理をする

血液浄化作用の働きをするのが肝臓です。

(身体の中を綺麗にする働き)

 

肝臓機能を高める為にも23時から25時までには、睡眠につく事が大切です。

 

質の良い睡眠を取り、日頃のストレスや

疲労をとることで、血液浄化作用が高まります。

 

 

 

 鍼灸治療では、ニキビ・肌荒れの

原因となっている内臓の熱症状(皮膚炎症)

を取り除く治療を致します。

 

まずは、熱を持たない生活をご自身の

生活習慣と向き合い、改善していきましょう✨