東洋医学を愛する鍼灸師のblog🌸

鍼灸師、1児の母。東洋医学をベースに心のあり方や健康・美容法など綴っています✨

産後の鍼灸治療

産後の女性は、のぼせやすくなります。

妊娠中、約10ヶ月間お腹にいた子が

出産を気にいなくなり、お腹の力が抜ける事で

上下のバランスが崩れ、

上半身の気血が充実し

下半身の気血が不足する状態になり

とてものぼせやすくなります。

 

東洋医学では、『上実下虚』といいます。

 

 

鍼灸では、昔からこの症状に対する刺法として

『火曳きの鍼』といいます。

 

この鍼は、臍の下にあるツボを使用し、

上る気を、曳き下ろします。

 

産後にめまいがなくても、

31日以内に3度程する事で

『産後の肥立ち』を良くする効果も

あると言われております。

 

最近では、産後の方ではなくても

目を使ったり、頭を使う事が多いからか

この『上実下虚』の方がとても多いです。

 

めまい意外にも

・頭痛・イライラ・のぼせやすい・

高血圧症状・下半身の冷えが強い方には

この火曳きの鍼がオススメです✨

 

全身の気血水のバランスを整え、

各臓器に栄養を行き渡らせる事で

お身体はどんどん元気に、

気持ちも明るくなります。

 

産後は体力×精神力との戦いです。

赤ちゃんの為にも、自分の為にも

自然治癒力を高め、健やかなお身体を保ちましょう✨